マンション経営を成功させるための秘訣|失敗例から学べる成功術

一括借り上げのメリット

笑顔のウーマン

アパートやマンション経営で難しいのは家賃の滞納や空室が出た時です。それらを建てた時のローンの支払に家賃を充てるため、滞納や空室が出ると支払が困難になります。その対策として便利なのがサブリースです。アパートやマンションを不動産会社に一括借り上げしてもらう方法で、滞納や空室の心配がなくなります。

More Detail

土地活用と相続対策

マンション

マンション経営を行うにあたってのポイントは、その地域の利用者の人口動向、需要者の志向に見合った充実した設備を備える事と共に、信頼できる不動産管理会社等と提携するなど、管理運営を専門家に任せることが肝心である。

More Detail

売却プランの策定が大切

集合住宅

空室リスクを担保する業者

マンション経営における失敗のリスクとして語られることが多いポイントが、空室のリスクです。しかし、現在では空室のリスクを担保してくれる上に一切の管理の委託も受けるというマンション経営の斡旋業者が登場してきています。こうした斡旋業者を利用すると、利回りは低下するものの、失敗のリスクと管理の負担を軽減することができます。副収入源としてマンション経営を行おうとするサラリーマンを中心に、業者を利用してマンション経営を行う不動産投資家が、今後さらに増えていくことが予想されています。

予め売却時の想定を立てる

日本の不動産事情においては売買物件であっても賃貸物件であっても共通して、新築を筆頭に築年数が浅い物件ほど需要が多いという明確な傾向が存在します。そのため、マンション経営の対象物件もどこかのタイミングで収益力を失う前に売却する必要が生じるのです。しかし、投資対象であるマンションを売却する際に想像していた額よりも低い額でしかマンションが売れないと、その分だけ利益は減ってしまいます。特にローンを組んでマンションを購入していた場合に、売却できた額とマンション経営で得られた利益でローンを返済できないような事態に陥ると追加の資金調達に追われることになり、大きな損失を被ってしまうことになりかねません。従って、投資対象物件の売却額はマンション経営が最終的に成功だったのか、失敗だったのかを決める大きな分岐点となるのです。そのため、マンション経営の投資対象物件を選定する際には予めその物件をいつ頃売却するか、そしていくらくらいで売却できるかについての綿密な想定を立てておくことが、失敗を避けるために大切なことなのです。

一括借り上げとは

住宅の模型

サブリースは日本語では一括借り上げとも訳されるものですが、実際にはサブリース会社が賃貸物件を一括で借りるというものになります。メリットは一定金額の賃貸収入が確保されるというものですが、デメリットとしてはサブリース会社の方が力が強いため不利な契約を結ばされるリスクがあります。

More Detail